重い≠正義

こんにちは!

栃木・群馬・埼玉・茨城・千葉県でデバンニング活動をしております、株式会社Mr.DevanningのHです!

本日弊社ではトータルで43本のデバンニング作業を行いました。

ご依頼いただきました企業様ありがとうございました(‘◇’)ゞ

最近はHPからのお問合せも増えてきてありがたい限りです(*^^*)



先週はお仕事情報を多数追加いたしました✨

出番のお仕事を探しているデバンニストの方はぜひぜひチェック!

関東地方内各地域に現場がありますので、お好きな現場を選んで【>この求人に応募する】をクリック!

応募フォームから気軽に応募できちゃいます😊

その他、現場に関するご質問にもお答えしております!

こちらも、応募フォームからのお問い合わせでもOKです✨

現場に詳しい担当者が直接ご対応いたします。



デバンニストの方の中でお子さんがいるご家庭の方は、ランドセルを入学前の早いうちから選んであげた経験がある方がいらっしゃるかもしれませんね😊

ランドセルは早い者勝ちなので、好みのデザインを選びたい場合は前年の5月、6月くらいからお店に行かないといけないとのこと😦

早すぎですね…!

ですが、このランドセルは購入争奪戦だけでなく、重量問題も抱えているんですよね…😔

6年使うものなのでそもそもの作りがしっかりしていて、いくら軽量化されていると言えどトートバッグのように軽くはなっていません。

端末で授業する学校も増えてきました。

端末だけではなく、充電器などの周辺機器も揃えて学校に持って行くこともあると思います。重いですよね、タブレットって😵‍💫

さらに、ほとんどの学校で置き勉が禁止。

高校になればそこんところが緩くなって、もうほとんどの生徒が使わない教科書をロッカーに置いていきますが、

小学校は厳しく規則化されてる学校が多いので許されません。

お家に教科書を持って帰って予習復習ができるようにとの目的なのでしょうが、

これもランドセルの重量に加担しています。

それだけではありません。

給食着や体操着、教科書以外の教材等も家と学校とで往復させるものです。

ランドセルに詰め込む荷物って、常にたくさんあるんですよね。


デバンニストにとって、重い荷物を持つことは日常茶飯事ですが、小学生たちはまだまだ体も小さく、背負えても肩が凝るくらい重いです。

私も、家についてランドセルを下ろしたあとは肩回りに開放感を感じるほど重かった記憶があります🤭

今はタブレットが普及し始めたので、全部の教科書やノートをデータ化させて一つの端末にまとめる余地が出てきました。

全教科・ノート機能をそれ一つに集約する専用端末の誕生もそう遠くない将来に叶うかと思います。

それまでは宿題に必要な教科書やノートだけ持ち帰って、それ以外は学校に置き勉させてもいいんじゃないかなと思います。

長距離を徒歩で登校している生徒も多いですからね。

もっと効率的に考えて、必要のないものは持って行かない・持って帰らなくてもいいものは持って帰らないという状態が習慣になってほしいです。

「ここの部分がよくわからなかったから、この教科を家で復習したい」と生徒自身が思ったら、自主的にその教科書とノートを適宜持って帰ればいいと思いますし。

身軽な状態で登下校できるということは、楽しく学校へ行けることに繋がると思います。

苦しい思いをした分だけ成長できるとは限りませんし、

その問題を今改善できるのであればすぐに行った方がいいと思います。

重い荷物を持つのは我々デバンニストに任せて、小学生たちは毎日快適に通学してほしいものです(*´ω`)




Mr.Devanning公式Twitterアカウント稼働中!!

株式会社Mr.Devanning (@Mr_Devanning) / Twitter

フォロー・いいね&RTご気軽に🐦💕

【Mr.Devanningへのお問い合わせ】はコチラから↷

FAX:0284-22-7987
TEL:0284-22-7989
E-mail:info@mr-devanning.co.jp

FAXかメールでのお問い合わせが早いかと思います。

コンテナの荷下ろし、アウトカートン毎の検収作業はもちろん、
オプションとしてラップ巻き作業、フォークリフト作業(搬送、格納)、商品検品作業、シール・ラベル貼付作業まで行います(‘◇’)ゞ

デバンニングの御依頼はMr.Devanningまで!
ご連絡お待ちしております🎵