雨水、瀑布の如く🐉

こんにちは!

栃木・群馬・埼玉・茨城・千葉県でデバンニング活動をしております、株式会社Mr.DevanningのHです!

本日弊社ではトータルで38本のデバンニング作業を行いました。

ご依頼いただきました企業様ありがとうございました(‘◇’)ゞ

最近はHPからのお問合せも増えてきてありがたい限りです(*^^*)



昨日に引き続き、今日もありがたい涼しさです😄

昨晩はブランケット一枚だと私的にはちょっと寒いくらいでした。

夏の終わりまで、晴れてもこれくらいの気温なら過ごしやすくて最高ですよね🌞



今、北陸・東北では大雨の影響で山の土砂崩れや洪水が発生してしまい、被害に遭われた方も多くいらっしゃいます。

この時期の雨は怖いですね・・・。

栃木県内には渡良瀬遊水地という国内最大の大きな治水区域があります。

普段は散策している人や釣り人がいたり野鳥を観察できるようなのどかな自然が広がる場所なのですが、

洪水規模の大雨が降った時はあたり一帯が水の中へ沈むようにできているそうです。

渡良瀬遊水地と水害 | よっしぃ。のブログ (ameblo.jp)

こちらの方が書いている記事を見ると、有事の遊水地の活躍がよくわかると思います。

広大な範囲に雨水を溜め抱えることにより、周辺の居住区や下流の地域に被害が出ないように食い止めることができるんです。

それにしても、これだけ広大で普段は緑豊かだった遊水地が茶色く濁った雨水でほとんど沈んでしまうなんて、やはり自然の力はすごいですね(◎_◎;)

雨水でいっぱいになった遊水地は非日常的で興味を惹かれる光景ではありますが、こういう時はくれぐれも近寄らないようにしましょう😑

2015年の関東東北豪雨の際はため池から若干水が溢れて一部が川と繋がってしまいましたが、

ため池自体が住宅区域に大きな被害をもたらすことはなかったみたいです。

ですが、遊水地が堪え切れても、別のところでスポット的に浸水被害や洪水は発生します。

水路は町中に引かれているわけですから、遊水地が上流にあるからと言って油断してはいけないということです☹️

遊水地や放水路、堤防等が近くにあるとしても、非常時の備えはしているに越したことはありません。


私自身は渡良瀬遊水地のざっくりとした場所と名前くらいしか知りませんでしたが、

普段は市民の憩いの場として開かれていて、いざとなったら市民を守るための貯水機能が備えられているという頼もしい設備なんだなと思いました(*^-^*)

市民に愛され、自然豊かな遊水地が雨水に水没してしまった様を見ると切ない気持ちになりますが、しっかり地域を守れている証でもあります。

渡良瀬遊水地は空がパーッと開けていて、晴れの日には気持ちよさそうですし、

ジョギングやサイクリングしている方も多いらしく、沿道を歩くだけでもいい運動になりそうです。

夏はちょっと暑いですが、景観も良く開放的な場所なので、

涼しい日に行ってみるといい気分転換になるかもしれませんよ😊




Mr.Devanning公式Twitterアカウント稼働中!!

株式会社Mr.Devanning (@Mr_Devanning) / Twitter

フォロー・いいね&RTご気軽に🐦💕

【Mr.Devanningへのお問い合わせ】はコチラから↷

FAX:0284-22-7987
TEL:0284-22-7989
E-mail:info@mr-devanning.co.jp

FAXかメールでのお問い合わせが早いかと思います。

コンテナの荷下ろし、アウトカートン毎の検収作業はもちろん、
オプションとしてラップ巻き作業、フォークリフト作業(搬送、格納)、商品検品作業、シール・ラベル貼付作業まで行います(‘◇’)ゞ

デバンニングの御依頼はMr.Devanningまで!
ご連絡お待ちしております🎵