エアコンも心配

こんにちは!

栃木・群馬・埼玉・茨城・千葉県でデバンニング活動をしております、株式会社Mr.DevanningのHです!

本日弊社ではトータル48本のデバンニング作業を行いました。

ご依頼いただきました企業様ありがとうございました(‘◇’)ゞ



先週から今週にかけて多くの企業様からお声がけをいただきました。

数ある請負業者の中から弊社をご利用いただきありがとうございますm(__)m

デバン初日は社員が現場で作業させていただいております。

その際は、ぜひ荷物の取り扱いで注意してほしいことなどを直接教えてください。

細かな注意点でも、しっかり丁寧に作業いたします!

デバンニングは弊社Mr.Devanningにお任せください💪



連日どこも暑いですが、デバンニストの皆様は体調を崩されていませんか?

この暑さだと、少しでも具合が悪いとそこをキッカケにどんどん体調が悪化してしまうこともあります💦

食事は旬のものを使った料理を食べたり、水分補給を忘れずにおこなったりして、

なるべく日々健康でいられるようにコンディションを整えておくことが大切です😊

こう暑いと室外機の上に日よけを置くというご家庭も多いかと思います。

室外機の中で部屋の中から取り込んだ温かい空気を冷やしているので、

熱をよけてあげるとその助けになるというのはなんとなくわかりますよね。

でも、結局は室外機は外にある物なので、日よけをしてもその日よけも日光や大気の熱に温められてしまって結局意味がないんじゃ…とも思ってしまいますよね笑

水を張ったバケツにタオルを端から入れて、それを室外機の上に乗せておくという裏技もあるみたいですね。

濡れたタオルが帰化するときに天板の熱を奪っていくため、室外機の負担を減らせるという狙いです。

タオルが毛細管現象により水を吸い上げ続けるので、バケツの水がなくなるまでタオルは濡れっぱなしの状態になるそうです。

ただ、タオルがずっと室外機の上にかかっていなければ効果がないという点には注意が必要です。

タオルが風に飛ばされて室外機の羽に絡まったりしないようにしなければなりませんし、工夫の余地はありそうです。

2階にエアコンをつけている場合はちょっと難しいですね💧

まあ、気化熱を利用したこの方法で室外機の天板の温度が本来よりどれくらい下がって、部屋の冷却の効率がどれだけよくなるかの実証実験もされていないので、

やった方がエアコンにとっていいとも現状言い切れないみたいです🤔

この暑い夏をいかに楽に過ごせるか、皆さん色々思考を巡らせているみたいですね。

これだけ暑いと何故か「さすがに何か対策をしないとな」と思わせられます(^_^;)




にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Mr.Devanning公式Twitterアカウント稼働中!!

株式会社Mr.Devanning (@Mr_Devanning) / Twitter

フォロー・いいね&RTご気軽に🐦💕

【Mr.Devanningへのお問い合わせ】はコチラから↷

FAX:0276-55-1910
TEL:0276-55-1920
E-mail:info@mr-devanning.co.jp

FAXかメールでのお問い合わせが早いかと思います。

コンテナの荷下ろし、アウトカートン毎の検収作業はもちろん、
オプションとしてラップ巻き作業、フォークリフト作業(搬送、格納)、商品検品作業、シール・ラベル貼付作業まで行います(‘◇’)ゞ

デバンニングの御依頼はMr.Devanningまで!
ご連絡お待ちしております
🎵