サンマ事情

こんにちは!

栃木・群馬・埼玉・茨城でデバンニング活動をしております、株式会社Mr.Devanning広報担当のHです!

本日弊社ではトータルで39本のデバンニング作業を行いました。

ご依頼いただきました企業様ありがとうございました(‘◇’)ゞ




今日の朝は一段と冷え込みました🥶ガクブル

こういう時はカイロの出番です!私も早速購入して自宅にも職場にもストックしてあります😉

お腹に貼っていたりすると温かいですし、なんだか気分が落ち着くのでおすすめです🍵




皆様は今年サンマは食べましたか?

私は何回か食べたのですが、不漁のせいかどれも痩せたサンマでした…。

思い返せば、ここ2,3年は「このサンマ脂がのっていておいしいなー!」と思いながら食べた記憶がありません。

どれが真の原因かは情報不足でわかりませんが、私が知っている限りでは海水温の上昇と中国が大量消費してしまうことが関係しているらしいです。

今年10月時点でサンマ一尾(だいたい100g)の相場は161円だそうです。

その前の月の9月では過去最高の179円!

2020年の9月から130円台を切ることなく、未だ高騰が続いているようです。

「全国のスーパーで売られている秋刀魚 サンマ100g値段は?2021年10月までの秋刀魚 サンマの価格推移」発表日2021年11月19日|小売物価統計調査による価格推移 (jpmarket-conditions.com)

(↑このサイトを参照しました。サンマの相場がわかりやすく載っています。)

このままサンマの不漁が続くと、もしかしたらその内サンマが高級魚になり、

絶滅危惧種であるウナギの方が、国産で安くておいしいなんてことになるのかもしれません😲(それはそれで嬉しい)

中国がサンマを水揚げするようになった理由に「サンマのおいしさに気づいたから」というのを聞きました。

そう聞くとなんかおもしろいですよね。気づいちゃったかー。

細長い魚ですが、焼くと身がふっくらとして脂の甘さも香るのは確かにサンマ独特の風味と言えます。

地球環境は永遠に同じではないので、食文化に変化が起こるのはやむを得ない事です。

しかし、その地球環境の変化が人為的な理由である場合はしっかりと人類が責任を持って対処しなければなりません。

日本は多様な食材を扱う食文化です。

元から食べられるものが多い民族にとって、一部の食材が食べられなくなってしまうとショックが大きいですね😫




Mr.Devanning公式Twitterアカウント稼働中!!

株式会社Mr.Devanning (@Mr_Devanning) / Twitter

フォロー・いいね&RTご気軽に🐦💕

【Mr.Devanningへのお問い合わせ】はコチラから↷

FAX:0284-22-7987
TEL:0284-22-7989
E-mail:info@mr-devanning.co.jp

FAXかメールでのお問い合わせが早いかと思います。

コンテナの荷下ろし、アウトカートン毎の検収作業はもちろん、
オプションとしてラップ巻き作業、フォークリフト作業(搬送、格納)、商品検品作業、シール・ラベル貼付作業まで行います(‘◇’)ゞ

デバンニングの御依頼はMr.Devanningまで!
ご連絡お待ちしております🎵